意識低い系会社員

意識低い系会社員の日常

【スポンサーリンク】

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルの内容メモ(第1部 キャリアを築こう 後半)

【スポンサーリンク】

こんにちは。

 

最近、SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアルを読んでいるので内容を忘れないように学んだことを要約したメモを載せます。

このエントリは完全な個人のメモです。

 

お勉強のためにこの本を読んでいるので、内容を覚えるためにSummarizing(サマライジング)を行います。

 

この本は71章立ての7部構成です。

第2~18章が第1部

第19~26章が第2部

第27~35章が第3部

第36~48章が第4部

第49~55章が第5部

第56~64章が第6部

第65~71章が第7部

となっています。

第1章はどこにも含まれていませんが、この本の構成や内容について記載されています。

 

それぞれの部で扱っているテーマは以下の通りです。

第1部 キャリア

第2部 マーケティング

第3部 学習

第4部 生産性

第5部 お金

第6部 健康

第7部 精神

 

このエントリでは第1部、エンジニアのキャリアについての後半を記載します。

 

前半はこちら。

amistad06-a.hatenablog.com

 

第10章 プロであること

この章ではプロとは何か、プロとアマチュアの違い、プロになるために必要なことが書かれています。

 

プロとは何か

プロとは、自分で自分の責任を取り、自分の中に基準を持ち、常に自分が正しいと思う選択をし、安定して成果を出せる人のことです。

 

プロとして正しいことをする

ソフトウェアエンジニアとして遭遇する様々な問題は大まかに技術的問題と、倫理的問題があります。

技術的問題は比較的正しいことを選択しやすいですが、倫理的問題は正解を出すのが難しいこともあります。

品質を犠牲にして作業を早めるのは果たして正しいのか、利益は得られるが自分たちの幸福や安定性が犠牲になっていないか、常に自分が正しいと思うことを選択するべきです。

 

自己研鑽

プロとして常に自分のアウトプットの品質を向上させる努力をしましょう。

自分が理想とする基準を満たせないとき、絶対に基準を下げてはいけません。

一度妥協してしまうとその後戻すのは大変難しくなります。

満足せずに常に自分をより良くするために努力すべきです。

常に自分を高め続けるためには、良い習慣を身に付けることが重要です。

 

やってみよう

①今、自分のことをプロだと思っているだろうか。思うならその理由を、思わないならやはりその理由を述べよ。

→明確な自分の基準を持っておらず、できるだけ責任を負うのは避けようとしがちです。また、自己研鑽もサボりがち。

②あなたの習慣を見直そう。自らの一日を観察して、できる限り多くの習慣を見つけよう。良いものと悪いものに分けてリストアップしよう。次に、良い習慣を考えて、それを身に着けるためのプランを立てよう。

→今コロナでガラリと生活が変わったため、コロナが落ち着いたらやります。勉強の習慣は身に付けたい。

③最後に「ノー」と言わなければならなかったときはいつだろうか。そのような場面に遭遇したことがないなら、上司に間違っていることを支持されたときに自分がどうするか考えてみよう。どのように反応するだろうか。

→パワハラ先輩に理不尽なことを言われ、やや反論したが怒鳴られたり話を遮られたりして最終的には黙ってしまった。

 

第11章 自由を得る:仕事の辞め方

この章ではタイトルの通り仕事の辞め方について書いています。

 

上手な辞め方

少なくとも、何のプランもなしにいきなり会社を辞めることは推奨できません。

まずは自分がしたい仕事を副業として始め、副業が軌道に乗って充分生計が立てられる見込みが立ってから辞めるべきです。

 

自分の時間の使い方を振り返る

この本の筆者は、会社員の時にどれくらい一生懸命仕事をしていたのかを振り返っています。

1日8時間勤務だとして、サボりや必要のない会議、メールチェックや雑談などで軽く4時間は消費していたと言っています。

残った4時間は自分の業務をしますが、その4時間も本当に集中していたのはせいぜい半分程度だと言っています。

なので実質1日につき2時間程度しか集中して仕事をしていません。

これはこの本の筆者に限らず、会社員のほぼ全ての人に当てはまると思います。

実際に私は1日中ずっと集中せずに仕事をしている日も珍しくありません。

独立する前に、ある程度長時間集中して作業することには慣れる必要があるでしょう。

 

やってみよう

①生活するために毎月稼がなければならない額を正確に計算しよう。必要な額が高くて驚くかもしれない。少しでも早く「フリー」になりたいなら、副業の収入が少なくても住むように、生活費を削減する方法を考える必要がある。

→奨学金の返済に3万、家賃に4万、光熱費1万、携帯電話とインターネットの通信費に1万、食費は多めに7万。必要最低限は大体16万円くらいでしょうか。

②仕事をしている日の時間の使い方について記録を取ることを始めよう。毎日どのように自分の時間を使っているか、しっかりとしたイメージを持とう。そして、本当に生産的な仕事を実際にしている時間がそのうちのどれくらいかを明確にしよう。結果に驚くかもしれないが。

→0かもしれない。。。

 

第12章 フリーランサー:外に出て独立する

この章ではフリーランスになったときの顧客の集め方や、自分のサービスの値段の設定の仕方を書いています。

 

顧客の集め方

まず思い浮かぶのは知人や友人に仕事を貰うことでしょう。これは悪い戦略ではありません。

ですが、もっといい方法があります。

インバウンドマーケティングです。

 

インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは、自分でサービスを顧客に売り込みに行くのではなく、顧客に自分のところに来てもらうことです。

顧客に来てもらうには、何か価値のあるものを無料で提供するのが主な方法です。

多くのエンジニアはブログを持っています。

ブログに自分のサービスや連絡先を記載しましょう。

ブログでなくてもOKです。

無料のウェビナーを開始したり、podcastを配信したりするのもいいでしょう。

可能であればカンファレンスで講演するのもいいと思います。

こういった活動で知名度が上がれば、顧客の方から自分のところに来てくれるようになります。

ただし、時間がかかります。

 

料金の設定

自分のサービスの料金を会社員の時の労働単価を基準に決めてはいけません。

法人税や個人事業税、仕事に使用するPCやOS、企業に所属してれば受けることのできる福利厚生などを考慮に入れるべきです。

もちろん、高い金額を請求するには、自分が提供するサービスの質を高め、それを適切にクライアントに説明できなければなりません。

また、自分や自分のサービスの知名度が上がれば上がるほど請求できる金額も増えていきます。

 

やってみよう

①知人のなかであなたのサービスを使ってくれるかもしれない人、そういう人を知っているかもしれない人をまとめたリストを作ろう。

→残念ながら皆無です。

②そのリストに含まれるすべての人に来るメールのテンプレートを用意しよう(技術的な観点から何ができるかを言うだけでなく、どのような価値が提供できるかを話すことを忘れないように)。

③ソーシャルネットワークにメッセージを送ったり、リストの一部の日飛び地にメールを送ったりして、どのような反応が返ってくるかを見てみよう。フィードバックが得られたら、メールを書き直し、より多くの人々に再度送ってみよう。

 

第13章 初めての製品開発

この章では、副業として初めて何かを作り始める時の方法や心構えなどを書いています。

 

クライアント候補を見つける

我々ソフトウェアエンジニアはすぐに物を作れる環境やスキルを持っている点で、非常に特別な存在です。

多くのソフトウェアエンジニアはまず自分のアイディアをすぐに製品化することができますが、実はそれはあまり良い方法ではありません。

作った時にそれを買ってくれる人がいない(または見つけられない)かも知れないからです。

これを避けるために、まずは顧客(または顧客グループ)と彼らが持つ問題を探しましょう。

自分のブログを持って知名度を上げることはここでも役立ちます。

顧客と彼らの問題を見つけることがより簡単になります。

 

小さく始める

最初から上手く行くことは稀です。

やはり副業として小さいものからやっていくのが望ましいです。

一回のサイクルを短くすれば、試行回数が増えてより沢山の学びを得ることができます。

 

やってみよう

①何らかの製品を作る対象として調査するといい潜在顧客を見つけよう。

②それらの顧客候補のひとつを選び、そのメンバーが集まる場所(オンラインでもそうでなくてもいい)を見つけよう。

③ほかの誰かがその問題をすでに解決していないかどうかチェックしよう。競争の激しい市場に入るのは避けたいものだ。

 

第14章 スタートアップを起業したい場合

この章ではスタートアップ企業とは何かと、スタートアップを起業する方法を書いています、

 

スタートアップとは

平たく言うと新興企業です。

スタートアップには以下の2つがあります。

・外部から資金を出してもらって急成長することを意図して作られたもの

・ブートストラップスタートアップ(創始者だけが出資するもの)

この章では前者について書いています。

 

スタートアップの流れ

いまのところ企業する予定はないので割愛します。

 

やってみよう

いまのところ企業する予定はないので割愛します。

 

第15章 遠隔勤務サバイバル戦略

この章では遠隔勤務(在宅勤務)のやり方や注意点などを書いています。

 

遠隔勤務の課題

遠隔勤務には以下の3つの課題があります。

①時間管理

②内発的モチベーション

③孤独感

 

時間管理

自宅で仕事をしているとき、何も対策しないと何もせずに1日が終わってしまいます。

夜遅くまで仕事したらいいやと思って昼サボった場合、夜も間違いなくサボります。

この問題を解決する方法はあらかじめスケジュールを設定し、それを順守することです。

例え在宅勤務でも、毎日決まった時間に仕事をするべきです。

 

内発的モチベーション

仕事に対するモチベーションが無いなら、そもそも在宅勤務をやるべきではありません。

そもそもモチベーションがないのに、家で仕事をする気になるはずがありません。

やる気が出ないときに、スケジュールや習慣が非常に大きな助けになります。

また、できるだけ誘惑を減らすことも大事です。

どうしてもやる気が出ないとき、筆者はタイマーで15分測り、その15分間は何があっても仕事をすると決めているそうです。

その15分が終わった後は仕事をし続けるのが比較的楽になるそうです。

 

孤独感

全く人と関わらない生活は精神衛生上良くありません。

定期的に家族以外の人と会う場を設けることが大事です。

週3回ジムに行くとか、定期的に開催されているソフトウェア開発者の会合に出るとか、何かしらをしましょう。

 

やってみよう

①正直に自己評価してみよう。時間管理、内発的モチベーション、孤独感という三つの問題に自分ならどう対処するのか考えをまとめてみよう。

→時間管理については、仕事をする時間を決める。基本的には9時から18時までとする。内発的モチベーションについては、正直仕事のモチベーションはないのでできるだけ在宅勤務をしない。また、仕事をする時間を決めて習慣を作る。孤独感に関しては、いくつか集まりに参加しているので問題なし。そもそもある程度は出社する必要がある。

 

第16 上手くやり遂げるまではできたふりをしよう

この章では問題にぶち当たったときのマインドについて書いています。

 

「やり遂げるまではできたふりをする」とは

知ったかぶりをしろという意味ではありません。

何か問題に当たった時には次のように行動してみましょう。

・必要なスキルと能力をすでに持っているかのように行動する。

・すでになりたいと思っているタイプの人間になっているかのように行動する。

・試行を重ね続ければいずれ克服できることを理解しているため、まるで、戦闘はすでに終わっており、勝者になっているかのように行動する。

・これから通る未知の道をすでに何度も通ったことがあるように行動する。

ここで大事なのは、「行動する」ということです。

 

問題の捉え方

難しい問題は、新しいチャンスをくれるものです。

我々を未知の領域まで前進させてくれます。

昔は簡単なプログラミングも難しく感じたはずです。

適切に取り組めば、近い将来今の問題も自分にとってはそこまで難しくなくなっているはずです。

自信(≠傲慢さ)を持って臨みましょう。

 

やってみよう

①正直に自己評価しよう。難しい状況に直面したときのあなたの態度はどのようなものだろうか。新しい馴染みのないものをどのように扱うだろうか。最後位に難しい、よく知らない状況に直面したときのことを思い浮かべ、自分がどう反応したかを考えよう。

→逃げがち。新しいものは基本的に避けて通っている。すぐに人に聞いてしまう。

②傲慢そうに見せずにもっと自信がある態度を示すためにはどうすればいいだろうか。両者の違いは何だろうか。「うまくやり遂げるまではできたふりをする」能力を向上させるためにすぐにできることは何か。

→成功体験を積むと良いと思う。すぐに向上させるためには、自分が今全力でスキルの向上に取り組むと良いと思う。

 

第17章 ダメな履歴書をよくする方法

この章では履歴書の書き方について書いています。

 

履歴書は宣伝をするための文書である

履歴書は我々と我々のスキルを宣伝するためのものです。

そういった意味では、旅行や商品のパンフレットと役割は同じです。

我々は年間数百万円、あるいはもっと沢山のお金を企業から貰います。

企業にとっては高い買い物です。

広告(履歴書)が良ければそれだけ給料が良くなる可能性もあります。

 

良い履歴書を作るには

我々が履歴書を書く機会はそんなに多くありません。

なので、履歴書を書くスキルを今から身に付けるのは得策ではありません。

プロの履歴書ライターを雇いましょう。

履歴書作成に数万円かかったとしても、良い履歴書のおかげで自分の売り込みに成功したらすぐに元は取れるはずです。

また、履歴書ライターを雇う場合は必ずスキルなどに関する必要十分な情報を渡しましょう。

また、履歴書はオンラインで公開するべきです。

 

やってみよう

①勤め先を探しているかどうかに関わらず、数名のリクルーターに自分の現在の履歴書を送り、意見を訪ねてみよう。リクルーターたちは膨大な数の履歴書を見ており、履歴書に手を加えるべきかどうかを教えることではもっとも適している。

②プロの履歴書作成サービスを調査し、彼らが持っているサンプルを見てみよう。その履歴書とあなたの履歴書を見比べて違いを見つけよう。

 

第18章 テクノロジーに対して頑なな態度を取るな

この章ではテクノロジーに対しての接し方(?)を書いています。

 

テクノロジーに対して宗教的になる人

私も含めてですが、テクノロジーに対して宗教的になる人がかなり多いのが現実です。

自分が使えるテクノロジーや自分好きなテクノロジーが最高のものだと思って、他を頑なに否定する人たちです。

普及している大半のテクノロジーは、何かしらの点で優れています。

テキストエディタで言い争ってなんの得があるのでしょう。

 

選択肢を限定するな

大事なのは、選択肢を制限するべきではないということです。

自分が知らないテクノロジーを無視したり、過小評価することは間違いです。

全てのテクノロジーにオープンな心で接すれば、より多くのチャンスを得られるはずです。

 

やってみよう

①他のものよりも優れていると思っている好みのテクノロジーを全てまとめたリストを作ろう。

②そのリストの個々の項目について、なぜそのテクノロジーに惹かれるようになったのか、どのような比較によってそれをベストと判断したのかを考えてみよう。

③あなたが嫌いなテクノロジーをひとつ選び、それが大好きだという人を探し出そう。そして、心を開き、率直にそのテクノロジーに夢中になっている理由を尋ねよう。さらに、自分でもそれを使ってみたら、ボーナスポイントを付けていい。

 

まとめ

第1部の内容はこんな感じです。

第2部の内容はこちら。

amistad06-a.hatenablog.com

 

おわり。

【スポンサーリンク】